ブラック ジャック コミック

ブラック ジャック コミック

あなたも好きかも:オラクルベリー カジノ ds
彼女の秘蹟《サクラメント》に守られているとはいえ、高熱で皮膚の表面は焼けているし、水分は全て汗となって飛び散っている

火口のすぐ近くで戦っているようなものなのだ

 殴られ、脱水症状に陥りながら、それでもイスラの戦意は衰えない

あなたも好きかも:エピフォン カジノ スケール
むしろ彼は、ベイベルの拳や蹴りの軌道を読み始めていた

ギデオンやカナンに言われた、攻撃線を読むという教えが、実戦を通じてようやく実を結びつつあった

 そして何より、カナンの守火手であるという自覚が彼を奮い立たせている

たとえ勝ち目がないとしても、せめてカナンを逃がすだけの隙は作って見せる……イスラもまた、死を覚悟していた

 蹴りを回避し、逆袈裟に斬り上げる

左手でベイベルの紫色の上衣を引っ張り視界を奪った後、左足に剣を叩き付けて骨をへし折る

 ベイベルの動きが止まった

「これでッ!!」 剣を抱くような格好で、一直線にベイベルへと突っ込む

両手で握った剣を深々とその腹に突き立て、背中まで貫き通した

「……見事な敢闘ぶりだ」 それでも、魔女は倒せない

あなたも好きかも:東京 カジノ アプリ
 ベイベルはイスラの顔を覗き込み、目を細めた

「獣の如き闇渡りよ、お前は余を恐れておらんな」「……当たり前だ

ビビったところで何になる」「ククッ、そうほざいていられるのは貴様が野蛮だからだ