ラブ スロット

ラブ スロット

覚えたよ!」サンミ―はその腕の中で「クルルル……」と静かに鳴いている

あなたも好きかも:新子安 スロット
その後、水を汲みに行くついでにドルナジャと先ほどの川原に向かうと男はすでに居なくなっていた

「マイカちゃんが、片付けてくれたようだわ」「無事なことを祈るのみでゲス」「命は無事でしょ」もうそれ以上は、推測もしたくないので「……とりあえず水を汲むでゲス」水筒や鍋に、きれいな水を汲んでそしてテントまで持って行く

ちょっと早いが、テントの周辺は夕食の準備を始めた

ドドンガとバーシャはエントリーついでに買い出ししてきた食材を選り分けて料理を始めた

あなたも好きかも:ブラックジャック まんが村
俺も手伝いに入る

ドルナジャは、サンミ―の背中に乗って遊びだした

夜中まで、とくに何事も無く過ぎて夕食も食べ、エントリーした際のパーシバル城の様子もドルナジャに俺は聞いて把握しておいた

夕食の際にサンミ―は、煮た肉を多少は食ったが不味そうな顔をして、それ以上は食べなかった

ドルナジャによると、内臓まで竜族ならば竜族のための肉を与えなければならないらしい

やはり、武術会の賞品は貰って帰らないといけないようである

ドドンガとバーシャは、日が沈むと早々にサンミ―と共にテントの中で寝てしまう

あなたも好きかも:召喚 オンラインゲーム
俺はドルナジャと起きて焚火を眺めながら少し、バウスマーの言っていたことについて話し合うことにした

「あいつ、何か、俺とバーシャが反対の目的があって 将来的に敵対し合うとか、ふざけたこと言ってたでゲスよ」「……うーむ……」「それに、この星が一番問題だとか 意味不明なことも」「ぬぬぬ……」膝の上のドルナジャは唸るだけで、何も返してこない

「正直な感想を言ってもいい?」「言ってくれでゲス」「間違ったことは言ってないと思う」「……」「でも、今、聞くべきことでもないわよね? 東の大陸で装置破壊をしないと 子供たちは取り戻せないわけだし」「確かに、虚無の王がただで解放は しないと思うゲス」「それでいいんじゃないの? 忘れちゃっても

マイカちゃんや私は覚えてるから」「……何か隠してないでゲスか?」パチパチと焚火が燃える音が響く