ブラックジャック まんが村

ブラックジャック まんが村

もっと体が大きくなれば、魔力を用いずとももっと長く、もっと遠くまで飛べるようになるらしいのだが

 それまで何年、何十年、いや何百年かかるのかはわからない

「いつから龍府評論家になったんだ? おまえ」 セツナはあくびを漏らしながら、定位置のラグナに問いかけたりした

少々、眠気が残っている

レオンガンドたちが龍府を出発したのは、二時間ほど前のことであり、そのときも半ば寝ぼけ眼だったのだが、それには理由がある

 ミリュウが潜り込んできたせいで、あまり眠れなかったからだ

ミリュウの体温や息吹きが、セツナの健やかな眠りを妨げるのだから仕方がない

あなたも好きかも:三鷹 オリーブ パチンコ
かといって、彼女を邪険にすることもできず、悶々と夜を過ごした

眠気が意識を覆い隠したのは、おそらく日付が変わってからだろう

あなたも好きかも:スロット あつい
なにも知らず眠るラグナがそのときばかりは憎らしくなったが、ラグナにはなんの落ち度もない

「いつからもなにも昔からじゃ」「ほほう

おまえのいう昔っていつのことだよ」「そうじゃのう……生まれたときかの」「生まれたときって、何万年も前の話じゃねえのかよ」「馬鹿者

いまのわしが生まれたときの話に決まっておる」 ラグナが憤然といってくる