ブラックジャック ルール ディーラー

ブラックジャック ルール ディーラー

そうして人の"本当の気持ち"を慮(おもばか)る事を、領主夫人の仕事してこなしてきたカリンには、グロリオーサがトレニアという女性に対して"申し訳ない"という気持ちを抱えているのを見越してしまっていた

妻の手腕で明らかにされた、グロリオーサ・サンフラワーの"悩み"にも、序でにといったわけではないがピーンは目を向ける

『―――トレニアが子どもや赤ん坊が好きなのに、それを得る機会を奪ってしまっているんじゃないかって、最近、気がついたんだ』そう言って、腰に携える太刀に手を伸ばしてグロリオーサはゆっくりと撫でる

『―――別に秘密にしている訳じゃないし、大っぴらにしているわけでもない事なんだが、トレニアは"人の気持ち"を拾い、読み取ってしまう力がある

本人もよく理由は知らないんだが、紫の瞳の血族は――トレニアは両方の目がそうなんだが、そう言った力があるらしい』『成る程、それがトレニアという女性が"魔女"と言われる所以か』――そして、グロリオーサという鬼神にも勝てた理由

(幼馴染みだと言っていたし、トレニアが魔術が得てで、グロリオーサの行動が読めたなら十分に勝算はとれたのだろうな)『ただ、紫の瞳を持って生まれてしまった"ブバルディア"の一族の人は、滅多に伴侶を得て子どもを遺す事がない、とも言っていた

余りにも明け透けに気持ちが聞こえてしまって、夫婦になったとしても互いに耐えられなくなってしまうそうなんだ…あ、ありがとう』スッとグロリオーサの前に、ロックが早々に空にしていた紅茶のお代わりを差し出していた

あなたも好きかも:巨人の星 パチンコ プレミア
グロリオーサから空のカップとソーサーを如才なく受け取り、新しい物を渡す

あなたも好きかも:パチンコ ネット 無料
『―――どうぞ、続きを』グロリオーサの事は気にくわないが、執事にはトレニアという女性が少しばかり気にかかったらしい

そんな思いやりに溢れた男前の女性なら、プライベートでは引っ込み思案の姉のように慕うカリンと友人になって欲しいと、ビネガー家の執事としてロックは考えていた

あなたも好きかも:ウルトラマンセブン スロット 天井恩恵
ロックの気持ちはあくまでも"ビネガー家の執事"として、動いていた

だが、理由が分からないが、固くなな様子だった執事の態度が少しばかり軟化した事に領主夫妻は、笑顔で顔を見合わせて"賓客"の話の続きを待った

グロリオーサも話を待たせているのがわかっているらしく、一口紅茶を飲ん含んでから、話を続け始める