スロット vロード

スロット vロード

自然は恩恵と死を生き物運ぶものである以上、早く抜け出した方が良いだろう』 この国には数分居るだけで火傷のような怪我を負ってしまうだろう

今は一部の主力を除いてフェンリルの背に居るので大丈夫だが、それも時間の問題である

 何故なら、呼吸によって体内へ熱が入り込むからだ

あなたも好きかも:zenfone5 sim スロット
それによって喉が焼ける事もある

なので地に着いていなくとも油断なら無いのだ

 だからこそフェンリルは降りている主力たちにも指示を出し、先に行く事を促す

 主力たちからそれに反対の意見は出ず、先を急いだ方が良いというのも理解しているので了承してフェンリルに乗った

『そんなに急いで何処へ行く? 折角の炎の国……もう少しゆっくりして行ってはどうだろうか?』『『『……!』』』「「「「……!」」」」 フェンリルに乗った主力たちに向け、突如として掛かった声

それに対し、フェンリル、ドレイク、ジルニトラ

アスワド、ラビア、シター、ルミエ・アステリの三匹と四人が反応を示した

あなたも好きかも:ブラックジャック 医療費
 声の方向へ視線を向ければそこに、風に髪を靡《なび》かせながら口元に不敵な笑みを浮かべた者が立っていた

 見てみれば身体が陽炎のように揺らぎ、周囲の炎と同化しているようにも見える

それは、決して周囲の炎によって錯覚が起こり揺れているように見えるという事では無く、本当に身体が炎となって揺れているのだろう

 そう、その"炎の悪神"──『久しいのう、フェンリル

大きくなったな

それはそれは文字通り……

これならば伝承通り我が義兄弟のオーディンを食らう事も出来そうだ……』『……

久方振りだな』 ──ロキ

 人を誑かし、平然と嘘を吐く悪神