新潟 駅 パチンコ

新潟 駅 パチンコ

「あ、私は謗りを受けたくないのでマスターが殴ってくださいね?」「え?」◇さて、あれから約30分

あなたも好きかも:4 号機 スロット
全員集合した上で王城から出て、現在街の外へと向かう途中

「4人だけだと万が一がありえなくないですか?ほら、それに壁に出来る人もマスターしかいませんし」凄く辛辣な言葉と共に事実が指摘される

「私がどうとかいう話は置いといて、確かに4人は不安だよね…」かといってそこら辺の人を巻き込むのは論外

強い人かつある程度信用できる人じゃないといけないわけだ

「アルカトスさんは?」王国近衛騎士団長……つまりこの国の剣士の中の最強格ならどうみても十分

あなたも好きかも:まどマギ スロット ボイス
それに守るべき対象であるアリスもこのメンバーにいる以上参加出来ないってことはないと思う

あなたも好きかも:ディーバック バカラ
「……あれは『国王』専用の護衛、攻めるための戦力じゃない……」なるほど……有名人のSPみたいなものかな?まあ実際国王なんて有名人オブ有名人みたいなものだけど

「じゃあ……シガムさんとギルマスはどう?」シガムさんの強さは言うまでもなく、あのゴーレム軍団とか普通に軍を壊滅させられそうだよね

ギルマスは……セリアが何か『~~の英雄ですよ』みたいなことを言ってた気がするし、それに近いところにいるから丁度いい

「国としては大丈夫……だとは思う

本人次第……」つまり大丈夫ってことか

ギルマスは……常に暇とか言ってたし、シガムさんは私に経験値をくれたんだから、これに協力してくれないってことはないでしょ

それに魔術師最強級(暫定)と剣士最強級(暫定)なら戦力としても十分……かはわからないけど、絶望的に足りないってことはないはず

「それじゃあ手分けして呼びますか」◇さて、あれから約1時間

紆余曲折があるわけもなく全員集合した上で、ここ(・・)に戻ってきました

「モルの森……私の『転移』地点だね」私の長いんだか短いんだかよくわからない異世界物語譚の開始地点