スロット ゴッド 神々の凱旋

スロット ゴッド 神々の凱旋

「コータ、無理を承知で頼む

私をデビットに会わせてくれ」何やら強い意思と考えを持っているようだった

それが何であるか康太は理解できなかったが何かしら理由があるのは理解できた

だがだからと言ってそう易々と会わせる程康太にとってデビットの存在は軽くない

たとえ恩のあるアリスと言ってもそれとこれとは別問題なのだ

あなたも好きかも:がろ スロット
「あー・・・なんていうかその・・・それは遠慮しておきたい・・・あんまり誰かに見せるものでもないし、それにそれを見たからって魔術のことがわかるわけでも」「魔術の構造などはどうでもいいのだ

私はデビットに会いたい」魔術の構造ではなく、デビットに会いたいという言葉に康太は違和感を覚えた

まるでデビットを知っているような、そんな感じの言葉だからだ

「・・・アリス、お前ひょっとして・・・」「・・・あぁ・・・もうさすがにお前も気づいただろう・・・そう言う事だ」「・・・そっか・・・お前にも見えてたんだな、あれが」「・・・ん?」アリスは何か諦めたような、少し寂しそうな表情をしていたが康太の言葉に疑問符を飛ばしていた

あれが見えていたと言われてもアリスには何のことだかわからなかったのだ

康太が言っているあれとは封印指定百七十二号に感染した時に見た死につづける体験の事である

あなたも好きかも:スロット そらのおとしもの 超高確
あれは康太の起源が原因で体感することができたのだが、康太はアリスにも似たような体質があってあの魔術に感染し、なおかつあの状況を見たことがあると勝手に勘違いしたのである

あれを見ていたからこそデビットという存在に会いたいとそう思っているのではないかと考えたのだ

あなたも好きかも:パチスロ 犬夜叉
普段の康太ならこんな考えはしなかったのかもしれないが、アリスが康太の恩人であるという事と、康太が先程まで戦闘に参加していたこともあって少しハイテンションになっていることと、デビットの事もあってまともな判断ができなくなっているという三つの要素があるせいで思考が妙な方向に向かってしまっているのである

文の親にデビットを見せてほしいという風に言われたときと違って体の奥から湧き上がるような怒りに近い感情はわいてこない

恐らくデビット本人もあまり悪い気はしていないのだろう

「まぁそう言う事なら・・・会わせるくらいならいいか・・・んじゃちょっと待ってろ」康太はそう言って体の中からデビットの残滓をアリスの眼前に顕現させる