デビルマン スロット 打ち方

デビルマン スロット 打ち方

 書き言葉には「声の抑揚」「感情」「身振り手振り」がありません

 音声をそのまま文字に起こした文章があるのみです

 欠けた要素を「言い回し」で補って書いていくことが、書き言葉で書く秘訣になります

読み手には読まない選択肢がある 書き手は「必ず読み手が読んでくれるもの」だという前提で小説を書きます

 しかし読み手はあなたの書いた小説を「読まない」という選択肢を持っているのです

 一度「読まない」と決められてしまえば、その後にどれだけ努力をしても「読まない」読み手は二度と戻ってきません

 読み手が持つ最強の武器(権利)が「読まない」なのです

あなたも好きかも:奄美 パチンコ アネックス
読まないと思われたら負け たとえば書店で太宰治氏『人間失格』が目に入り、冒頭の一ページに目を通してみる

あなたも好きかも:三國志 パチンコ 演出
 旧仮名遣いで書かれていてなにが書いてあるのか意味がわからない

 書籍を書棚に戻して別の書籍を探し始めます

あなたも好きかも:バイオ7 スロット うるさい
 そして二度と『人間失格』を手にとることはないのです

 読み手に「意味がわからない」と思われた時点で『人間失格』の負けだと言ってよいでしょう

 小説を「読む」「読まない」を決定するのは、あくまでも「読み手」です

 書き手は冒頭の一ページで「意味がわからない」と思われない文章を書くことしかできません

 しかしこれが難しいのです

 ライトノベル全盛期ですから、今の中高生は結構小説を読みます

 でも先ほどの『人間失格』や夏目漱石氏『坊っちゃん』、川端康成氏『雪国』などは読みません