モンキー・ウォリアー

モンキー・ウォリアー

「ラウラ、穴は!?」「えっと………………大丈夫、潜水艇でも通れるよ!」「よし………ッ!」 あとは、俺の操縦でその穴から脱出し、海流と魔物に気を付けながら海面まで少しずつ浮上していけばいい

 不安の1つが消え失せて少し安心した俺は、傍らで魚雷の発射ボタンを見下ろしたまま微動だにしないステラを見た

あなたも好きかも:冬ソナ パチンコ リメンバー
彼女はどうやらかなり緊張していたらしく、懐中時計をぎゅっと握ったまま深呼吸をしている

 彼女の小さな頭の上に手を置き、ステラを優しく撫でた

彼女の銀髪はふわふわしていて、まるで子猫やリスを撫で回しているような感じがする

あなたも好きかも:熊本 地震 パチンコ 屋
「よくやった、ステラ」「き、緊張しました………」「ここからは任せろ

………はははっ、あとでご褒美をあげないとな

欲しいものがあったら言ってくれよ?」「は、はい………」 正確に魚雷をC4爆弾が仕掛けられている地点へと命中させてくれたステラを労った俺は、もう潜水艇を揺さぶっていた海水がかなり大人しくなっていることを確認すると、後方の席に座るナタリアに「錨切り離し!」と報告してから、操縦桿の左脇にある小さなレバーを手前へと倒した

あなたも好きかも:ぱちんこ 突確
 パキン、とまるで細い金属の棒が折れるような音が、耐圧穀の向こう側から聞こえてきた

先ほどまでしがみついていた金属の重りを断ち切り、これから俺たちは深海へと向かって脱出するのだ

「微速前進

タクヤ、頼むわよ………!」「はいよ