is スロット タイマー

is スロット タイマー

 そんな考えが渦巻いていた

 ジゼルコートの謀反に同調することそのものはともかく、ガンディア軍と正面切って戦うことができるというのは、ルシオン軍将兵にとってこれほど心待ちにしていたことはなかった

ガンディアの将兵に対し、ルシオン軍の強さを思い知らせることができるのだ

ルシオン軍が沸き立つのも無理はなかった

それほどまでに不満が溜まっていたということであり、その不満を爆発させるという意味でも、この戦いには意味があったのかもしれない

 ルシオン軍こそ最強であると証明できれば、彼らの溜飲も下がるというものだ

あなたも好きかも:カジノ 100
その結果戦死するとしても、満足して死ねるだろう

「王妃殿下はいかがなされました?」 と、尋ねてきたのは、バルベリドだった

武装した彼はいつになく威圧的に見える

あなたも好きかも:スロット クイズ 5号機
鍛え上げられた肉体を覆う甲冑が彼の威圧感を何倍にも増大させているのだ

「ハルレインに任せたよ」「やはり」「彼なら、守り抜いてくれるだろう」 ハルベルクがいうと、バルベリドは黙したままうなずいた

バルベリドはハルレインの養父であり、ハルレインの正体を知る数少ない人物のひとりだ

彼以外には、白聖騎士隊の数名と、どういうわけかジゼルコートだけが知っている

白聖騎士隊の中にジゼルコートと通じているものがいるのだが、ハルベルクはその正体を探ろうとはしなかった

ジゼルコートを利用するには、利用されるのも致し方ない

「陛下、準備が整った模様です」「そうか」 ハルベルクは小さく頷くと、北門前に集った兵士たちに目を向けた